MENU
LANGUAGE(言語)
京都のBMW・MINI(ミニ)の修理、板金塗装、車検、カスタム専門店
京都のBMW・MINI(ミニ)の修理、板金塗装、車検、カスタム専門店
京都のBMW・MINI(ミニ)の修理、板金塗装、車検、カスタム専門店
BMW MINIのOEM部品通信販売専門店 | G-PARTS
京都のBMW・MINI(ミニ)の修理、板金塗装、車検、カスタム専門店
リコール・不具合情報 一覧 ≫

BMWの中古車を購入する際の注意点を元BMW整備士が解説

【BMW中古車の注意点】元BMW整備士が中古車を購入する際の注意点を解説

LANGUAGE(言語)

この記事をご覧の方は、BMWの中古車を購入することに迷われていることだと思います。

BMWに限らず中古車を購入する際には、外観だけでなく内部構造やシステムにも注意が必要です。

車体の小さな傷やシミは比較的安価に修理できますが、大きなダメージがある場合は、内部の重要な個所にもダメージがないか、ボンネットの内側や車体の下など、見えにくい部分にも注目する必要があります。

また、BMWのメーターパネルは、スピードメーターやオドメーター、温度計、ガソリン残量、警告灯など重要な数値を表示しているため、これらが正常に機能しているかどうかを確認する必要もあります。

このようにBMWは、国産車と比較してとても複雑な構造をしているため、中古車を購入する際は自分の目利きに加えて整備士のチェックを入れてもらうことをすすめています。

そこで今回の記事では、BMWを購入する際に購入者ができる必要最低限のチェックするポイントをBMW整備士の観点から解説したいと思います。


京都のBMW・MINI(ミニ)の修理/点検、板金/塗装、車検/メンテナンスの整備専門店
Yusuke Yotsuda

この記事を書いたスタッフ

GNARLY automobile(ナーリー オートモービル)のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます!私はこの大好きなBMW/MINI(ミニ)の整備を通じて、お車のサポートは勿論、お客様とより良いお付き合いをさせて頂ければと思っております。その様な関係を築ける様、精一杯のサービスをご提供させていただきますのでお気軽にご相談ください。

BMWグループ認定 保有資格

  • BMWテクニシャン資格
  • MINI(ミニ)テクニシャン資格

目次

購入を検討しているBMW中古車を自分の目で診断する

先述のとおり、BMWは国産車と比較してとても複雑な構造をしているため、外観だけでなく、内部またはシステムを詳しくチェックする必要があります。

下記にはBMWの知識がない一般の方でもできる必要最低限のチェックポイントの解説をしています。

外観のチェック

BMWの中古車を購入する前に、必ず車両の状態をチェックするようにしましょう。

特に、ボディ、塗装、タイヤ、ホイールには注意が必要です。

これらの部分に問題があると、走行中にトラブルが発生する可能性があります。

また、BMWの中古車を購入する際には、整備記録簿も必ず確認し必ず試乗してください。

試乗することで、車の乗り心地やエンジンの性能を確認することができます。

そこでここからはBMWを中古車で購入する際に注意していただきたい外観のチェックポイントをまとめています。

ボディの注意点

BMWの中古車を購入する際の外観のボディの注意点

まず、BMWのボディをチェックすることです。目につきやすい部分だけでなく、BMW車体の下や内側もすべてチェックすることが大切です。

小さな傷やシミは、比較的少額の費用で修理でき、BMWの性能にもほとんど影響しませんが、大きなダメージがあったと想定される場合は、ボディ以外の重要な部品にダメージがないかどうかを確認する必要があります。

車体の下やボンネットの中など、外から見えない部分のサビやヒビをチェックすることは、重大な故障を発見するために欠かせないチェックです。

例えば、エンジンルームに不自然な溶接跡があったり、塗装の色が違っていたりする場合は、事故車の可能性が高くなります。

特に、フェンダーやボンネットの内側などによくある塗装されてあるボルトに塗装の欠けや傷等が入っている場合は、修理をしている可能性が高いので注意が必要です。

塗装の注意点

BMWの中古車を購入する際の外観の塗装の注意点

中古車の塗装は、車の見た目の美しさや耐久性に大きく影響するため、購入前に必ずチェックする必要があります。

BMWなどの輸入車は、国産車に比べて塗膜が厚い傾向があるため、塗装の下のボディーの錆や塗装の耐久性は強い傾向がありますが、それでも痛まない訳ではないので注意が必要です。

ここでは、BMWの塗装に注目すべきポイントをいくつかご紹介します。

中古車の購入を検討している方は、必ず塗装の状態をチェックして、問題がないか確認するようにしましょう。

塗装の注意点
  • 塗装の色ムラや剥がれ
    塗装の色ムラや剥がれは、塗装の劣化や修理歴の可能性を示すサインです。特に、ボンネットやフェンダー、ドアなどの大きなパネルに色ムラや剥がれがある場合は、注意が必要です。
  • 塗装の艶
    塗装の艶は、塗装の状態を判断する重要なポイントです。塗装が艶を失っている場合は、クリアーの塗膜の劣化や修理歴の可能性があります。
  • 塗装の傷
    塗装面に傷がある場合は、その程度をチェックします。小さな傷であれば、再塗装せずに補修することも可能ですが、大きな傷や深い傷がある場合は、再塗装が必要になる可能性があります。
  • 塗装の状態
    塗装の状態をチェックする際には、日陰で行うのがおすすめです。日陰では、塗装のムラや剥がれがわかりやすくなります。また、塗装を触ってみて、ザラザラしているような場合は、鉄粉の付着や塗装の劣化が進んでいる可能性があります。

ライト類の注意点

BMWの中古車を購入する際の外観のライト類の注意点

BMWのライトは、夜間の安全運転や対向車との事故防止のために、正しく点灯させることが求められています。

ライトの状態だけでなく、各レンズに割れがないかどうかも確認する必要があります。

レンズに割れが入っていると、水が混入したり車検に合格できません。

BMWのライト類は、チェックコントロール機能から球切れを簡易的に確認することが可能です。

下記にチェックするライト類を注意点と一緒にまとめました。

ライト各種の注意点
  • ヘッドライト
    ハイビームとロービームの両方が正しく機能していることを確認します。
  • ブレーキライト
    ブレーキライトが機能していない車を運転することは、交通違反であると同時に非常に危険です。
  • 方向指示器
    正面と背面から確認して、正しく動作していることを確認し、サイドマーカーも忘れずにチェックします。
  • ハザードライト
    これは、路上で故障が発生した場合に、他のドライバーに車両の存在を知らせるための重要なライトです。正しく動作していることを確認します。

タイヤの注意点

BMWの中古車を購入する際の外観のタイヤの注意点

タイヤはBMWを構成する最も身近な部品のひとつですが、最も重要な部品といっても過言ではありません。

タイヤは自動車の中でも身近な部品ですが、走る、曲がる、止まる、(車重を)支えるなど、BMWが走る上で重要な役割を果たすため、最も重要な部品といっても過言ではないでしょう。

したがって、BMW中古車を購入する前には、入念にタイヤの状態を確認してください。

具体的には、次の3つのポイントです。

タイヤの注意点
  1. 経年劣化の確認
    タイヤのひび割れやダメージが無いか確認します。
  2. 磨耗の確認
    タイヤの溝の深さや偏摩耗を測定します。
  3. 製造年月日の確認
    ほとんどのタイヤには製造年月日が刻印されているため、製造年月日があからさまに古いタイヤは、たとえ溝が残っていても交換する方が良いです。

上記のポイントの確認を怠るとパンクやバーストの原因となるため、注意しましょう。

ホイールの注意点

BMWの中古車を購入する際の外観のホイールの注意点

輸入車を購入する際には、外観のチェックが重要です。

特にホイールは、車の見た目の印象を大きく左右する部分なので、細かくチェックしましょう。

ここでは、輸入車のホイールのチェックポイントをご紹介します。

ホイールの注意点
  1. ホイールの傷や凹み
    ホイールに傷やへこみがあると、見た目が悪くなるだけでなく、走行性能にも影響を与える可能性があります。特に、アルミホイールは傷がつきやすいので、注意が必要です。
  2. ホイールのガタつき
    ホイールにガタつきがあると、走行中に異音がしたり、ハンドルがブレたりします。ホイールのガタつきは、ホイールナットが緩んでいたり、ホイールベアリングが痛んでいることが原因で起こることが多いため、試乗してみて確かめるといいでしょう。
  3. ホイールのバランス
    ホイールのバランスは、タイヤを交換するたびに点検・調整するものです。ホイールのバランスが悪いと、走行中に振動が起こります。

中古車の場合ボディーを補修してある車両も多くありますので事故歴の有無もたいせつですが、綺麗に補修されているかも大切なチェックポイントです。よく見ると補修時のパテを研いだ事によるペーパー目が出てしまっている物やボカシ際が出てしまっているものなども見受けられますので注意が必要です。

内装のチェック

BMWの中古車の購入後によくあるトラブルのひとつは、内装のトラブルです。

BMWの内装は高級感があり、長く乗っていても飽きないデザインです。

しかし、内装に使われている素材は非常にデリケートなため、メンテナンスが行き届いていないと傷や汚れが目立つようになったり、ベタついたりしてきます。

そこでここからは、BMWを中古車で購入する際に注意していただきたい内装のチェックポイントをご紹介します。

シートの注意点

BMWの中古車を購入する際の内装のシートの注意点

シートは、輸入車の内装の中で最も重要なパーツの一つです。

快適なドライブには欠かせませんし、車の価値を左右する要素にもなります。

そのため、輸入車を購入する際には、シートの状態をよく確認することが大切です。

シートのチェックポイントは以下の通りです。

シートの注意点
  1. 汚れや破れ
    シートは、長時間座ったり、荷物を載せたりすることで汚れたり破れたりすることがあります。特に、座面や背もたれ、シートベルトの周辺は汚れやすいので、よく確認しましょう。
  2. ヘタリ
    シートは、長年使用することでヘタってしまうことがあります。ヘタったシートは座り心地が悪く、見た目も悪くなります。座面や背もたれを触るなどして、確認しましょう。
  3. 臭い
    シートは、汗やタバコなどの臭いが染み込んでしまうことがあります。臭いが気になる場合は、シートのクリーニングをするか、シートカバーを交換する必要があります。
  4. 色あせ
    シートは、日光に当たることで色あせてしまうことがあります。
  5. 素材
    輸入車のシートは、本革や合成皮革など、様々な素材で作られています。素材によって、見た目や触り心地、耐久性が異なります。シートの素材が自分の好みかどうか、確認しましょう。
  6. 座り心地
    シートの座り心地は、輸入車選びの重要な要素の一つです。長時間運転することが多い方は、シートの座り心地をよく確認しましょう。
  7. アジャスター
    シートには、リクライニングやシートの高さ調整などのアジャスターが付いています。アジャスターを一通り動かしてみて確認するとともに、自分の体に合った位置に調整できるかどうか、確認しましょう。

内装のプラスチック類の注意点

BMWの中古車を購入する際の内装のプラスチック類の注意点

BMWなどの輸入車の内装のプラスチック類は、国産車に比べて劣化しやすい傾向があります。

これは、輸入車の内装に使用されるプラスチックが、国産車に比べて柔らかく、熱や紫外線に弱いためです。

そのため、輸入車の内装は、長時間日光に当てたり、高温になるような場所に駐車したりすると、プラスチックが変形したり、色あせたり、ベタベタしたりすることがあります。

また、輸入車の内装は、質感を良くするため、国産車とは違った加工が施されていることがあり、それによりプラスチックの破損や劣化が起こりやすくなっています。

例えば、ドアパネルには、ドアハンドルやパワーウインドウスイッチなどの様々な部品が組み込まれていますが、これらの部品がプラスチックで作られている場合、長年の使用で部品が破損したり、プラスチックが劣化したりすることがあります。

したがって、中古車を購入する際は、内装のプラスチック類の劣化がないか、入念にチェックするようにしましょう。

エアコン関連の注意点

BMWの中古車を購入する際の内装のエアコン関連の注意点

BMW中古車の購入後のトラブルで多いのが、エアコンの不調です。

購入前に必ずエンジンをかけ、エアコンの作動を確認しましょう。

エアコン関連の注意点
  • 冷房
    空気が冷えない場合は、コンプレッサーの故障やベルトの損傷、エアコンのガスが不足している可能性があります。
  • 暖房
    エンジンの熱を利用する暖房が効かない場合は、水漏れがしている可能性があるため、温風がきちんと吹き出すか確認しましょう。
  • 臭い
    エアコンから吹き出す空気の臭いを確認します。カビや悪臭がする場合は、エバポレーターにカビが繁殖している可能性があります。

  • 冷房と暖房を切り替えたときに、ガラガラ、ジャリジャリという音がしないかどうか確認してください。エアコン内部の切り替えモーターが壊れていると、音が発生します。

オーディオの注意点

BMWの中古車を購入する際の内装のオーディオの注意点

中古車を購入する際には、車両の外観だけでなく、内装もしっかりと確認することが大切です。

内装の状態は、車両の使用状況やメンテナンスの状態を判断する重要なポイントとなります。

特に、輸入車の場合、日本車とは異なるオーディオシステムが搭載されていることが多く、注意が必要です。

輸入車のオーディオシステムのチェックポイントは、次のとおりです。

オーディオの注意点
  • スピーカーの状態
    スピーカーは、オーディオシステムの音質を左右する重要なパーツです。スピーカーの状態を確認するには、音量を大きくして、音が割れたりしていないかを確認します。また、スピーカーからノイズ音などがしないかを確認することも大切です。
  • オーディオの操作性
    オーディオの操作性は、快適なドライブのためにも重要なポイントです。オーディオの操作方法がわかりやすいか、ボタンやスイッチが使いやすいかを確認します。また、オーディオの画面が汚れていないか、表示が鮮明かを確認することも大切です。
  • ナビゲーションシステムの状態
    ナビゲーションシステムは、輸入車によく搭載されている機能です。ナビゲーションシステムの状態を確認するには、地図データが最新のものになっているか、目的地を検索できるかを確認します。また、ナビゲーションシステムの画面が汚れていないか、表示が鮮明かを確認することも大切です。

窓の動作(パワーウィンドウ)の注意点

BMWの中古車を購入する際の内装の窓の動作(パワーウィンドウ)の注意点

エアコンと同様、窓の故障もBMW中古車の購入後の品質トラブルとしてよくあることです。

エンジンをかけ、窓の開閉が左右、前後とも正常に行われるか、動作や音に問題がないかを確認します。

窓を動かしたときにゴムが一緒に動いてしまうと、窓のモーターやフレームに負担がかかり、故障の原因になるため、窓枠のゴムの確認もします。

BMWの場合ドアのインナーハンドルの部分などは特に劣化が多く、ベタつきや酷いものになると割れなどがある場合もあるので必ずチェックした方が良いでしょう。

エンジン関連のチェック

BMWの中古車の購入後によくあるトラブルの1つが、エンジントラブルです。

BMWのエンジンは複雑な構造をしているため、メンテナンスが行き届いていないと故障することがあります。

特に、エンジンオイルの交換や点火プラグの交換などの定期的なメンテナンスを怠ったり、走行条件が悪いとエンジントラブルにつながることがあります。

そこでここからは、BMWを中古車で購入する際に注意していただきたいエンジン関連のチェックポイントをご紹介します。

エンジンの注意点

BMWの中古車を購入する際のエンジン関連の注意点

エンジンはBMWの動力源であり、さまざまな役割を果たす部品が搭載された重要な部品の一つです。

エンジン関連の注意点
  • 異音
    エンジンをかけるとき、アイドリング状態のときに、軽くアクセルを踏んで吹かし、今まで聞いたことのないようなガラガラという音がする場合は、エンジン内部の重大な故障の可能性が高いため注意が必要です。
  • 液体漏れ
    また、オイル漏れや水漏れが発生している場合もあるので、エンジン廻りやラジエーターからエンジンまでのすべてのホースや繋ぎ目などをチェックし、漏れがないかを目視で確認することも重要です。
  • ベルト
    ベルトは、エンジンからの動力を各パーツに伝える役割を担っています。各ベルトに亀裂、摩耗、伸びがないかを確認します。
  • エアークリーナーエレメント
    エンジンには、ほこりや汚れを防ぐためのフィルターが装備されています。フィルターは汚れがたまりやすいので交換することが大切ですが、きちんと交換されていないケースも多いので、必ず確認します。フィルターが交換されていないと、空気をうまく送れず、燃費が悪くなります。
  • その他の周辺部品
    液漏れによる二次災害として、スターターやオルタネーターが正常に機能していないケースが多く見られます。また、イグニッション(エンジン点火)も確認します。異常がある場合は、運転席のメーターにエンジンチェックランプが点灯します。

油脂類関連の注意点

BMWの中古車を購入する際のエンジン関連の液体関連の注意点

BMWにはさまざまな油脂類が使われており、それぞれが重要な役割を担っています。

これらの油脂類はすべて消耗品のため、BMWの中古車を購入する前に、前オーナーがしっかりと交換(残量・油脂類の状態・物理的なオイル漏れなど)したかどうかをチェックする必要があります。

油脂類関連の注意点
  • ウォッシャー液
    愛車のフロントガラスをきれいに保つ役割を担っている液体です。ウォッシャー液が正しく出ないと車検にも合格できませんので、ウォッシャー液が実際に出るか、窓ガラスの前面に噴射されているかを確認し、ウォッシャータンク廻りに水漏れやひび割れがないか、ノズルに詰まりが無いかなども確認しましょう。
  • エンジンオイル
    エンジンを正常に回転させるための役割を担っているオイルです。オイルフィルター(エレメント)がきれいであること、またはエンジンオイルが黒かったり、ザラザラしているようであれば、交換が必要です。また、オイルが泡状であったり、マヨネーズのように見える場合は、エンジンに冷却水が漏れている可能性があるため修理が必要です。前オーナーのメンテナンスによっては、エンジンルームにエンジンオイルの交換を示す記録ステッカーが貼られていることもあるため、一つの目安として参考にされるといいでしょう。
  • 冷却水
    エンジンの冷却に使用している液体です。寒冷地では、エンジンやホースにダメージを与える液の凍結を防ぎます。経年変化で劣化するため、適切な交換が必要です。
  • ブレーキフルード
    油圧ブレーキに使用される作動油で、ブレーキを正常に作動させるためのオイルです。正常な状態のブレーキフルードは黄色や透明ですが、ブレーキフルードが黒っぽく見える場合は、交換が必要です。BMWでは2年毎の交換を推奨しています。
  • パワステフルード
    油圧式パワーステアリングの場合、ステアリングの操作をアシストするためのオイルで、BMWの運転を容易にする重要なオイルです。また、金属片が多く混ざっている場合があるため、そのような車両であればパワステポンプなどの交換が必要になってくる場合があります。正常な状態であれば緑色や赤っぽい色をしていますが、茶色や黒色になっている場合は交換が必要です。

トランスミッションの注意点

BMWの中古車を購入する際のエンジン関連のトランスミッションの注意点

長距離走行や前オーナーが過酷な運転を繰り返した場合、トランスミッションに金属疲労が生じ、正常に作動しなくなることがあります。

オートマチックトランスミッションかマニュアルトランスミッションかによってチェックするポイントは異なりますが、エンジンをかけて、トランスミッションがスムーズに作動するか、ギアチェンジがスムーズにできるかどうかを確認します。

AT(オートマチックトランスミッション)車の場合は、ギアチェンジの際にショックがないかどうかが重要です。

また、変速ショックやオイル漏れなどがあるミッションは、メンテナンスがされていない可能性が高いため、注意が必要です。

エンジン異音の注意点

BMWの中古車を購入する際のエンジンの異音の注意点

中古車を購入する際には、車の状態をよく確認することが大切です。

特に輸入車は国産車に比べて構造が複雑なため、エンジンのチェックは慎重に行いましょう。

ここでは、輸入車のエンジンのチェックで注意すべき点についてご紹介します。

エンジン異音の注意点
  • エンジンの異音をチェックする
    エンジンから異音がする場合は、故障の可能性があります。異音の種類によって、故障している部位を特定することができます。例えば、以下のような異音がする場合は、それぞれの部位に問題がある可能性があります。
    • キュルキュル音:ベルトの緩みや摩耗
    • ガタガタ音:テンショナーなどのベアリングの故障
  • オイルやクーラントの漏れをチェックする
    オイルやクーラントは、エンジンを正常に作動させるために必要なものです。オイルやクーラントが漏れていると、エンジンが故障する可能性があります。オイルやクーラントの漏れがないか、エンジンルームや下廻りをよく確認しましょう。
  • エンジンの始動性をチェックする
    エンジンがかかりにくい場合は、バッテリーやスターターの故障が考えられます。また、エンジンがかかってもすぐに止まってしまう場合は、燃料系や点火系に問題がある可能性があります。
  • アイドリング時の振動をチェックする
    アイドリング時に車体が振動する場合は、エンジンのバランスが崩れている可能性があります。また、アイドリング中にエンジンが不安定な場合は、点火系や燃料系に問題がある可能性があります。
  • 走行時のエンジンの調子をチェックする
    アクセルを踏み込んだときに加速が悪かったり、エンジンが吹け上がらなかったりする場合は、エンジンの調子が悪い可能性があります。また、エンジンから異音がする場合や、車体が振動する場合は、エンジンに問題がある可能性があります。

バッテリーの注意点

BMWの中古車を購入する際のエンジン関連のバッテリーの注意点

見落としがちなバッテリーの状態をチェックします。

年式の古いバッテリーを積んだBMWは、バッテリーが極端に弱っていることが多いため、たとえジャンプして使える状態に戻せても、すぐに使えなくなってしまいます。

バッテリーの残量が少なくなっていないか、確認することが大切です。

エンジンは知識が無いと難しい部分が多いですが、最低限、ボンネットを開いてみて、エンジンの作動音や振動は変じゃないか、焦げ臭い匂いはしないか、またはエンジンやその他の部分がオイルなどで湿っていないかよく観察することで意外と不具合が見つかることもあります。

走行時のチェック

前述のとおり、BMWのエンジンは複雑な構造をしているため、メンテナンスが行き届いていないと故障に至る可能性が高まります。

またここからは、走行時にトラブルになる可能性のあるポイントについて取り上げたいと思います。

走行時には、ハンドルのブレや異音、ブレーキの効き具合、アクセルの吹け上がり、車体の振動、乗り心地などを確認する必要があります。

また、メーターや警告灯も確認し、異常がないかを確認する必要があります。

これらの異常を購入前に確認することで、購入後のトラブルを回避することができる場合があります。

特に走行時のチェックは、実際にハンドルを握って体が感じるポイントがほとんどなので、知識がない方でも感じ取っていただけることかと思います。

ここからはその体感に加えて、その際に注意していただきたいポイントをまとめています。

ハンドルの注意点

BMWの中古車を購入する際の走行時のハンドルの注意点

ハンドルは、車の運転において最も重要な部分です。

ハンドルが正常に機能していないと、車を安全に運転することができません。

そのため、中古車を購入する際には、走行時にハンドルをよく確認することが大切です。

ここでは、中古車の購入時に走行時にチェックすべきハンドルの注意点をご紹介します。

ハンドルの注意点
  • ハンドルのブレ
    ハンドルがブレる原因はいくつかありますが、ホイールバランスが悪い、ホイールが歪んでいる、サスペンションの異常などがあります。ハンドルがブレると、車のコントロールが難しくなり、事故につながる危険があります。
  • ハンドルの異音
    ハンドルから異音がする場合、ステアリングギアボックスの異常やボールジョイントの摩耗などが考えられます。ハンドルから異音がする場合は、早めに修理が必要です。
  • ハンドルの遊び
    ハンドルの遊びとは、ハンドルを動かしたときに、ステアリングギアボックスが動くまでの遊びのことです。ハンドルの遊びが大きすぎたり、小さすぎたりすると、車のコントロールが難しくなります。

ブレーキ関連の注意点

BMWの中古車を購入する際の走行時のブレーキ関連の注意点

ブレーキが重要であることは言うまでもありません。

ブレーキにはドラムブレーキとディスクブレーキの2種類があり、現在乗用車で主流となっているのはディスクブレーキです。

ディスクブレーキは、ブレーキディスク・ブレーキキャリパー・ブレーキホース・ブレーキパッドの4つの部品で構成されています。

ブレーキペダルを踏むと、ブレーキキャリパー内のブレーキパッドが押し出され、ブレーキディスクを挟み込んでBMWを停止させます。

それらの部品は消耗品であるため、BMWを所有するすべての人がきちんとメンテナンスをしていることが必要です。

具体的には、次のようなものです。

ブレーキ関連の注意点
  • ブレーキディスク
    ブレーキディスクは、後述するブレーキパッドに挟まれています。そのため、ブレーキパッドと同じように磨耗していきます。偏摩耗やサビがないかを確認し、損傷が激しい場合は交換が必要です。BMWのブレーキディスクには限度値が存在するため、残量が限度値を割っている場合も交換が必要です。
  • ブレーキキャリパー
    外見からは判断しにくいのですが、ブレーキダストなどが湿って汚れている場合は、ブレーキオイルが漏れていたり、ブレーキパッドの片減りが酷い場合は、うまく作動していない可能性があります。
  • ブレーキホース
    また、ホースの一部がこぶのように盛り上がっている場合は、ホースが破裂してブレーキが効かなくなる可能性があるため、必ず修理が必要です。
  • ブレーキパッド
    ブレーキパッドは使用頻度が高くなると、摩耗していきます。摩耗したパッドのままBMWを乗り続けると、ブレーキが効かなくなり、重大な事故につながる恐れがあります。一般的には、パッドの摩擦材の厚さが3mm以下になったら交換時期と言われています。BMWではパッドセンサーが装備されているため警告灯が点灯する車両もあります。
  • その他の周辺部品
    オイル漏れや水漏れによる二次災害として、スターターやオルタネーターが正常に機能していないケースが多く見られます。また、イグニッション(エンジン点火)も確認します。異常がある場合は、運転席のメーターにエンジンチェックランプやバッテリーチャージランプなどの様々な警告灯が点灯します。

ペダルの注意点

BMWの中古車を購入する際の走行時のペダルの注意点

輸入車は国産車に比べて車両価格が高いため、中古車を購入する際には特に慎重に車両の状態をチェックする必要があります。

走行時のチェックポイントは以下の通りです。

ペダルの注意点
  • ハンドルのブレや異音がないか確認する
  • ブレーキの効き具合をチェックする
  • アクセルの吹け上がりを確認する
  • 車体の振動がないか確認する
  • 乗り心地を確認する

BMWは国産車に比べてサスペンションのセッティングが硬いため、乗り心地が悪いと感じられる場合があります。

しかし、異常な振動や異音がある場合は、車両に問題がある可能性があります。

また、アクセルの吹け上がりが悪かったり、ブレーキの効きが悪かったりする場合も、車両に問題がある可能性があります。

輸入車は国産車に比べてエンジンやブレーキの性能が高いため、国産車に比べるとブレーキがよく減り、思っていたよりも早く交換時期が来てしまうことがあります。

輸入車の中古車を購入する際には、走行時のチェックを必ず行い、車両の状態が良好であることを確認することが大切です。

メーター・警告灯の注意点

BMWの中古車を購入する際の走行時のメーター・警告灯の注意点

BMWのメーターパネルは、ドライバーにBMWの状態を知らせる重要な役割を担っている場所です。

BMWのメーターパネルは、スピードメーター、オドメーター、温度計、ガソリン残量、警告灯など、BMWの状態をドライバーに知らせる重要な役割を担っています。

当然、これらのメーターがすべて正常に機能していなければ困りますし、BMW中古車を購入した直後にダッシュボードに警告灯が表示されていても困ります。

万が一、購入前に警告灯が点灯していたり、何らかの異常が見つかった場合は、事前に整備士に点検してもらうことをお勧めします。

また、車検証には走行距離が記載されていますので、車検証の距離とメーターの距離に不自然な誤差がないかを確認しておくとよいでしょう。

BMWの車両によっては、メーターパネルやi Driveのチェックコントロール機能で状態を把握できるので、見れる車体は購入前にチェックすることをお勧めします。

試乗できる中古車の場合は必ず試乗し、ハンドルの操作具合や、ブレーキの効き具合、ブレーキ音などを事前にチェックすることで購入前に不具合を発見し修理することが可能になる場合が有りますので気になったことは販売店に相談すると良いでしょう。

整備の記録のチェック

BMWの中古車を購入する際の整備の記録のチェック

最後に中古車を購入する際に、必ず見ていただきたいのが車の整備記録です。

整備記録簿には、車の整備状況が記載されているため、車の状態を把握することができます。

整備記録のチェックポイントについて、下記のポイントを販売店に詳しく聞かれることをおすすめします。

整備記録のチェックポイント
  • 定期的な点検や整備が行われているかどうか
    車は定期的に点検や整備を行うことで、長持ちします。整備記録簿には、点検や整備の記録が記載されているため、車が定期的に点検や整備を行っているかを確認することができます。
  • 交換した部品があるかどうか
    車は走行中に消耗する部品があります。整備記録簿には、交換した部品の記録が記載されているため、車の消耗状況を確認することができます。
  • 修理歴があるかどうか
    車は走行中に故障することがあります。整備記録簿には、修理した箇所の記録が記載されているため、車の修理歴を確認することができます。
  • 走行距離が適正かどうか
    車は走行距離が長くなると、消耗や劣化が進みます。整備記録簿には、走行距離の記録が記載されているため、車の走行距離を確認することができます。

整備記録のチェックは、中古車の購入において非常に重要です。

整備記簿を確認することで、車の状態を把握し、トラブルを未然に防ぐことができます。

整備記録簿のチェック方法は、サービスブックや車検証と一緒に車両に保管されているか、整備した工場が整備履歴を残している場合があります。

また、整備記録がない場合は、車の状態がわからないため、購入前にしっかり点検して貰いましょう。

BMWの場合サービスブックの中に点検整備記録簿がありますので、どのような整備がいつ行われたかチェックしておくと今後のメンテナンスの役に立ったり、同じ個所を重複してメンテナンスしたりしなくて済みますので、できるだけ記録簿が記載されている個体を選ぶと良いでしょう。

プロの整備士にBMW中古車を確認してもらう

BMWの中古車を購入する際は、プロの整備士にBMW中古車を確認してもらう

中古のBMWを安心して購入するためには、資格を持った整備士にチェックしてもらうのが一番です。

整備士であれば、最低限のポイント(ただし、素人では絶対にできない、見逃せないポイント)をその場でチェックすることが可能です。

実際、整備士が販売店との間に入ることで、事故車や修理歴なしと表記されているBMWの状態をセカンドオピニオンの立場から正確に判断することが可能になり購入後のリスクを低減することができます。

可能であれば自動車修理ができる方にチェックしてもらうと自分では発見出来ないような部分の不具合が見つけられるかもしれないので、一緒に中古車を選んでもらえると心強いでしょう。

購入を検討しているBMW中古車の価格交渉をしてみる

BMWの中古車を購入する際は、購入を検討しているBMW中古車の価格交渉をしてみる

最後に購入を検討しているBMWの状態が確認できたら、ダメもとで価格交渉をしてみましょう。

まず、事前にインターネットで同タイプ、同色、同走行距離のBMWの相場を確認し、購入するBMWの価格が適正な範囲に収まっているかどうかを確認しておきます。

車の中古販売店は商売のプロですが、BMWの状態をチェックする整備士でないことも多いです。

車体の状態を理解したうえで価格交渉ができれば、リスクを抑えて購入につなげることができるでしょう。

購入したいBMWが見つかったら一度価格交渉してみると意外と値引きしてもらえることが有りますので交渉してみるのもアリだと思います。

BMW中古車を購入する際の注意点のまとめ

BMW中古車を購入する際の注意点のまとめ

安心してBMW中古車を購入するためには、ここに挙げたポイント以外にもチェックすべきポイントがたくさんあります。

一般の方でこれ以上の細かな判断は難しいかと思われますが、中古車販売店で購入する際は、上記の必要最低限の内容を基に交渉ができればリスクを抑えて購入することができます。

BMWは、国産車と比較してとても複雑な構造をしているため、中古車を購入する際は自分の目利きに加えて整備士のチェックを入れられることをすすめています。

当整備工場でもBMW中古車を購入される際のサポートを実施しておりますので、BMW中古車の購入に関するご相談は気軽にお声かけください。

BMWの中古車を購入する際の注意点
  • BMWを購入する際のチェックシート
  • 外観・内装の注意点のまとめ
  • エンジン関連・走行時の注意点のまとめ
上記のボタンからBMWの中古車を購入する際の購入ガイド(PDF)がダウンロードできます。今回の記事を簡易的にまとめたものとなりますので購入する際にお手元に置いといてもらえればと思います。

店舗案内

店舗名GNARLY automobile(ナーリー オートモービル)
オフィス〒601-1374 京都市伏見区醍醐西大路町97-1
電話番号075-204-5022
事業内容自動車修理・整備
主要取引先株式会社阿部商会
株式会社大黒商会
株式会社和光ケミカル
アサヒライズ株式会社
お支払い◎銀行振込
◎クレジットカード
京都のBMW・MINI(ミニ)の修理/点検、板金/塗装、車検/メンテナンスの整備専門店
◎電子決済
京都のBMW・MINI(ミニ)の修理/点検、板金/塗装、車検/メンテナンスの整備専門店

アクセス

Google Review整備評価

小栗栖康孝
小栗栖康孝
07:24 08 Sep 23
親切丁寧、安心して任せれます。2度の車検と今回故障の為、お願いしましたが完璧です。ありがとうございました。
enjoy 320
enjoy 320
09:33 31 Aug 23
ナビがブラックアウトした為、初めて訪問しました!丁寧説明とスピーディーな作業でオススメです!
MST mar
MST mar
08:34 13 Jun 23
初めての利用でしたが、対応もよく、仕事も早くそしてリーズナブルでした。今後ともよろしくお願いします。
boy thecps
boy thecps
04:38 22 Aug 22
先日、自家用車(BMW)で、東京から京都まで家族旅行に出かけた際に、到着間近の高速運転中に突然複数の警告灯が点灯し、土地勘のない所での予期せぬトラブルと、お盆休みでディーラー等が休みだった事もあり、途方に暮れていた所、ネットで見つけたGNARLYさんにお電話して旅行中である等の事情も説明した所、早急にご対応して下さいました。診断も的確で無駄がなく、修理もお盆中にもかかわらず至急で対応して下さり、修理代も非常に良心的で本当に助かりました。お陰様で、旅行の日程変更の必要もなく、子供達も楽しい思い出ができました。本当にありがとうございました。もしGNARLYさんが東京にあったら、間違いなく、今後全ての車に関するトラブル/整備をお願いすると思います。read more
See All Reviews

【BMW中古車の注意点】元BMW整備士が中古車を購入する際の注意点を解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

整備メモとして保存

ご相談はチャットでも承っております。

(受付時間/24時間 )

この記事を書いたスタッフ

GNARLY automobile(ナーリー オートモービル)のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます!私はこの大好きなBMW/MINIの整備を通じて、お車のサポートは勿論、お客様とより良いお付き合いをさせて頂ければと思っております。その様な関係を築ける様、精一杯のサービスをご提供させていただきますのでお気軽にご相談ください。