BMWの施工事例 MINIの施工事例

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例 BMWの施工事例

今回のBMWの修理/点検事例は、BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビおよびオーディオの中古ヘッドユニット(ナビゲーションユニット)の交換の事例です。

お客様からBMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らず、NO SIGNALと表示され操作ができない。またオーディオも使えない。とご相談いただきました。

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない症状の診断/点検

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例
今回ご依頼いただいたBMW F30 3シリーズ 320i
BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例
症状が出ている真っ暗なカーナビ

ISTAを用いてBMW F30 3シリーズ 320iを診断/点検を実施したところ、HU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)の認識ができていないことが確認できました。

また、目視による点検では、HU-H裏で、電源およびコネクター、配線を点検しましたが、異常は確認されなかったため、HU-Hの不具合と診断し、今回のBMW F30 3シリーズ 320iの修理作業内容は、HU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)の交換となります。

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない症状は、中古のHU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)の交換

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例
カーナビを取り外しの様子

BMW F30 3シリーズ 320iの診断結果から、HU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)の交換を実施します。

中古のHU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)の交換といっても、BMW F30 3シリーズ 320iと中古のHU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)が不適合であるため、プログラミングの実施が必要となります。

プログラミングの実施画面

BMW F30 3シリーズ 320iのプログラミングといっても今回のプログラミングとは通常とは異なり、FSCコードと呼ばれる暗号のようなものにISTAでいくつかの操作が必要となります。

以上の作業を実施することで、通常では使用できない中古のHU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)がBMW F30 3シリーズ 320iで使用できるようになります。

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない症状は、中古のHU-H(ヘッドユニットおよびナビゲーションユニット)の交換で修理

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例
中古ユニットを取付けるとナビゲーションが使用出来なくなる症状
BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビが映らない修理事例
作業完了後のカーナビのナビゲーションの復帰を確認

今回のBMWの修理/点検事例は、BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビおよびオーディオの中古ヘッドユニット(ナビゲーションユニット)の交換をご紹介させていただきました。

BMW F30 3シリーズ 320iのカーナビは車両と一体になっているため、国産車のように新しいものを購入したからといってそれが機能するとは限りません。

またオーディオ関連など、BMW F30 3シリーズ 320iのさまざまなシステムと連動しているため、それらを円滑に機能させるためにもこのプログラミング作業は必須となります。

すべてのBMWの車両で実施できる作業ではないですが、仮にBMW正規ディーラーに依頼した場合、中古のヘッドユニット(ナビゲーションユニット)の交換はしてもらえず、カーナビを機能させるためには、新品への交換が必要となり、30万円をオーバーする高額な修理費用が必要となります。

なお当整備工場では、この半額以下で実施が可能です。

納期もおおよそ1週間程度で納車させていただくことが可能なので、カーナビが映らなかったり、NO SIGNALと表示され操作ができない場合は、お気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話