【BMWの修理】BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

BMWの施工事例

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

今回、お預かりさせていただいたお車は、冷却水漏れでお客様がご自分で水を足しながら乗っておられ、状態がひどくなってきたためご相談いただき、入庫いただきました。

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理経過

BMW F20 116iの冷却水漏れといっても、ラジエターからホース類、ウォーターポンプなど想定できる箇所は様々です。
今回は、ウォーターポンプから冷却水が漏れていたため、ウォーターポンプとウォーターポンプを回す為のプーリーの交換作業となります。

こちらのBMW F20 116iに備え付けてあるウォーターポンプは、プラスチックでできているため、硬化や劣化が起こりやすく、耐久性はあまりよくありません。

それに対して、近年のウォーターポンプは、アルミ製でできているため、耐久性が優れており、水漏れの対策部品として採用されています。

したがって今回は、この耐久性に優れたアルミ製のウォーターポンプに交換させていただきました。

それに加え、プーリーも写真のようにゴム部分に亀裂が入っていたため、このままBMW F20 116iを乗車し続けることが困難と判断し、お客様にご提案後、こちらも新品に交換いたしました。

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理結果

今回のBMW F20 116iの修理により、水漏れは完治しました。

また、対策部品に変更したため、ウォーターポンプに関する水漏れも起こりにくくなっています。

お客様のご要望を踏まえた上で、それ以上の状態で納車させていただきました。

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

BMW F20 116iの冷却水漏れの修理

この記事を書いたBMW整備士

四ツ田 裕介 Yusuke Yotsuda

京都のBMWの整備工場 GNARLY automobileの四ツ田 裕介と申します。 私はこの仕事でお客様のお車のサポートは勿論ですが、大好きなBMWを通してより良いお付き合いをさせて頂ければと思っております! その様な関係を築ける様、精一杯のサービスを提供させていただきますので、宜しくお願い致します。

京都でBMWのメンテナンスはGNARLYにお任せください。

BMW純正テスターでの確実なメンテナンス

ISID(ISTA/D・ISTA/P)純正テスター

京都のBMWの整備工場 GNARLY automobileでは、BMW純正テスターを用いて、BMWの修理からメンテナンス、車検までBMWの整備を幅広く取り扱っています。

BMW純正テスターは、旧型から新型までの幅広い車種の電子的な故障をほぼ100%カバーしてくれ、的確な整備を行うサポートをしてくれます。

輸入車は、年式が新しくなるほど電子デバイスが複雑化されており、現在の輸入車整備の実情は汎用機はもちろんのこと従来の純正テスターですら対応できなくなっています。

GNARLY automobileで保有している専用テスターは、旧型、新型に関わらず間違いのない診断を行えます。
他社様で見抜けなかった原因やトラブルシューティングも的確に診断できるので安心してご依頼ください。

BMWの故障コードの読み出しは無料で実施

京都のBMWの整備工場 GNARLY automobileでは、BMW純正テスターを用いて、故障コードの読み出しを無料で実施しております。

BMWを運転の際に違和感を感じられたり、警告灯が点灯した際には遠慮なさらずご連絡ください。

なおBMWの無料診断は問合せ順となっておりますので、少々お時間を要する場合がございます。
先にスケジュールを抑えられたい方は事前に「故障コードの無料読み出し」を係の者にお伝えください。
スケジュールを確保し優先的にお客さまをお通しさせていただきます。

BMWのメンテナンスについて

京都のBMWの整備工場 GNARLY automobileでは、BMWの純正テスターを使用した的確なメンテナンス・整備を行っています。
京都の正規BMWディーラーで工場長を務めた整備士が、豊富な経験と巧みな技術を活かして、安心のできるサービスを提供しています。
詳細はこちら

修理相談はこちら