【MINIの修理】MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

京都でBMW・MINIの修理、車検、メンテナンス | GNARLY automobile MINIの施工事例

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

今回はMINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理をご依頼頂きました。

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理経過

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れを放置してしまうと、ブーツ内部のベアリングが破損してしまいシャフトを交換しないと異音が止まらなくなってしまいます。

今回の修理事例は、そのドライブシャフトブーツの交換と漏れ出したグリスの清掃になります。

まずはMINI R50 COOPERのドライブシャフトと破けてしまったブーツを取り外します。
そして、漏れ出したグリスや汚れを丁寧に清掃していきます。
続いて新品のドライブシャフトブーツに取り替え、漏れ出してしまったシャフトグリスを補充します。
最後にドライブシャフトブーツの端をクランプでしっかりカシメ、車両にドライブシャフトを組み付けて作業は完了です。

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理結果

ドライブシャフトブーツの破れは、異音の原因になるだけでは無く、車検にも不適合になる部分です。
乗車時の異音や違和感、そしてブーツの破れなどを発見されましたら早めの修理をお勧めいたします。

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

MINI R50 COOPERのドライブシャフトブーツ切れの修理

この記事を書いたMINI整備士

四ツ田 裕介 Yusuke Yotsuda

京都のMINIの整備工場 GNARLY automobileの四ツ田 裕介と申します。 私はこの仕事でお客様のお車のサポートは勿論ですが、大好きなMINIを通してより良いお付き合いをさせて頂ければと思っております! その様な関係を築ける様、精一杯のサービスを提供させていただきますので、宜しくお願い致します。

京都でMINIのメンテナンスはGNARLYにお任せください。

MINI純正テスターでの確実なメンテナンス

ISID(ISTA/D・ISTA/P)純正テスター

京都のMINIの整備工場 GNARLY automobileでは、MINI純正テスターを用いて、MINIの修理からメンテナンス、車検までMINIの整備を幅広く取り扱っています。

MINI純正テスターは、旧型から新型までの幅広い車種の電子的な故障をほぼ100%カバーしてくれ、的確な整備を行うサポートをしてくれます。

輸入車は、年式が新しくなるほど電子デバイスが複雑化されており、現在の輸入車整備の実情は汎用機はもちろんのこと従来の純正テスターですら対応できなくなっています。

GNARLY automobileで保有している専用テスターは、旧型、新型に関わらず間違いのない診断を行えます。
他社様で見抜けなかった原因やトラブルシューティングも的確に診断できるので安心してご依頼ください。

MINIの故障コードの読み出しは無料で実施

京都のMINIの整備工場 GNARLY automobileでは、MINI純正テスターを用いて、故障コードの読み出しを無料で実施しております。

MINIを運転の際に違和感を感じられたり、警告灯が点灯した際には遠慮なさらずご連絡ください。

なおMINIの無料診断は問合せ順となっておりますので、少々お時間を要する場合がございます。
先にスケジュールを抑えられたい方は事前に「故障コードの無料読み出し」を係の者にお伝えください。
スケジュールを確保し優先的にお客さまをお通しさせていただきます。

MINIのメンテナンスについて

京都のMINIの整備工場 GNARLY automobileでは、MINIの純正テスターを使用した的確なメンテナンス・整備を行っています。
京都の正規MINIディーラーで工場長を務めた整備士が、豊富な経験と巧みな技術を活かして、安心のできるサービスを提供しています。
詳細はこちら

修理相談はこちら